未経験・ポテンシャル採用で内定が出る思考

未経験・ポテンシャル採用で内定が出る思考~4つのポイント

コロナ禍の状況であっても、弊社に転職の相談を頂いてる方は内定が出続けております。広告費をかけて転職希望者を集客してる訳では無いのですが、毎月必ずといって良いほどご紹介にて転職希望者の方とお会いさせて頂いております。またご面談をさせて頂いた方で、実際に支援させて頂く方はこのコロナの状況でも7割位の方は内定を頂いております。特に弊社ではポテンシャル採用支援・未経験での転職支援サービスを強みにしていますが、内定を頂いてる方達にはみな考え方に共通点があります。あくまで私の意見ですが、ポテンシャル枠・業界・職種未経験の方を採用する企業様からしたら、勿論会社・業種によって変わりますが、まずはこの4つがあれば、採用してくれる可能性は高いです。正直、この4つを持ってる人は業種・業界にもよりますが、転職エージェントを使わなくて自分で企業探して応募しても内定出ます。

① とにかく会社に貢献する事で自分も成長したいという意欲がある

② 会社に貢献して成長する為に努力・我慢ができる。

③ 就職する上での条件に拘りすぎない。

④ 精神力が強い

未経験・ポテンシャル枠での採用となると、圧倒的に精神力・成長意欲・条件に拘りすぎない事が重要です。誰でも未経験・ポテンシャルの求人に対して、年収高い・福利厚生充実・残業は月にほぼ無し・退職金有・業務内容が楽。教育体制・評価制度がしっかりしている。会社に行きたいと思います。こういう条件が揃っている会社は超一流企業です。超一流企業に入るなら、学校の勉強を死ぬ程頑張って、ハーバード大学に入学して、新卒でGoogleとかアップルに入社とか、東大に入って、就職するルートが近道だと思います。

正し、日本は所謂超一流企業でなくても、中小・ベンチャー企業で素晴らしい会社が山ほどあります。結果を出せばサラリーマンが目指す年収1000万以上を稼げる会社も山ほどありますし、労働環境が素晴らしく良い会社、エキサイティングな仕事ができる会社、もの凄く成長ができる会社等多々あります。

社会人になってから一発逆転を幾らでも狙えるのが日本です。正直チャンスしか無いですよ。学生時代に死ぬ程勉強をしなかったとしても、社会人になって努力すれば、上限が無いのが日本です。考え方次第です。

実際に転職活動する際には、会社の評価制度・社風、裁量権、会社の取り扱うサービス、マーケティング体制等、細かい要素と、転職希望者の思考との相性が重要なのですが、 その前提として、特に未経験・ポテンシャルでの転職を希望する方には、先ほどの4つのポイントを意識してみると良いと思います。