未経験・ポテンシャル採用で内定が出る思考

未経験・ポテンシャル採用で内定が出る思考~スピード

◆ポテンシャル・未経験での転職活動はスピード・判断スピードを意識

ポテンシャル採用・未経験による転職活動をする上で、重要なのがスピード感・判断スピードを早める事です。

特に離職中の方や、次の職場を早く決めたいと考えている方の場合で、ポテンシャル・未経験での求人に応募する際には、そもそもポテンシャル・未経験可の求人は貴重で、他のライバルが狙っている求人だと考えた方がよいです。特に景気が悪化してきた今は尚更です。求人媒体に掲載すれば、恐らく直ぐに募集が集まる可能性もあります。

だからこそ、チャレンジできる・したいと思える求人であれば、直ぐに応募をした方がよいです。

◆ポテンシャル・未経験枠への就職ならば、基本は離職期間は短い方がよい。

失業保険を受け取ったり、ゆっくり・少し休みたいなど転職活動を遅らせる方がいます。個人的にはあまりお勧めはしません。一般的には離職期間が長引くと書類選考で不利になるケースがあります。また先ほども話しましたが、未経験の方をポテンシャルで採用を考えている会社は、不景気になれば非常に貴重な会社なので、他の方の応募が集まりやすいです。自分の可能性を広げる為にはスピード感を持って転職活動をする事をお勧めします。

◆判断スピードを速める事

仕事と同様、スピード感のある行動・判断スピードを早める事が自分の運を引き寄せる・内定を勝ち取ることに繋がます。

企業から面接の日程調整の連絡を頂いた際に、直ぐに候補日の反応を返してくれる方は企業側にとって印象は良いです。面接時でも、自分が仕事を選ぶ価値観がしっかりしていれば、そこの価値観に基づいて企業側と話ができますので、

企業の採用活動は目まぐるしく状況が変わりますので、とにかく早い判断・対応が結果的に自分の運を引き寄せる事ができます。