未経験・ポテンシャル採用で内定が出る思考

未経験からの転職・ポテンシャル採用で内定が出る思考~条件に拘りすぎてしまう人

ポテンシャル採用・未経験からの転職活動がうまくいかない人には共通の傾向があります。

①一つの業界・職種にこだわり過ぎてしまう人。

自分の特性やスキル・経験を十分理解した上では問題ありませんが、漠然とした憧れだけで業界を絞るのは自分の可能性を狭める事に繋がります。

また、「これまで働いてきた業界に絞りたい」という人も多いのですが、業界が違っても培ったスキルを生かせるケースは多くあります。

②これまでの業務経験や先入観から、特定の業界・特定の業種を避ける。

自分が持っている情報が無い状況で、先入観だけで判断するのは可能性を狭めてしまいます。

希望職種に拘りすぎている人は、自ずと選択肢を狭めているケースが多いです。

自分が希望する・拘る職種・業種があるなら、先ずは自分で積極的にその業種・職種を探して応募してみると良いと思います。ご自身で応募をしてみて、実際に面接をしてみる。それとは別に、中立的な立場から、弊社の様な転職エージェントにアドバイスを貰い別業界の会社も面接をしてみる。

その上で、自分に縁がある会社が出てきます。

常に客観的な意見を聞く姿勢が、自分の人生を切り開いてくれることもあります。

未経験からの転職・就職・ポテンシャル採用を希望されている方がいらっしゃれば、是非、未経験転職支援・ポテンシャル採用支援に強い転職エージェントの㈱オルガロに無料でご相談ください。